評価 幻のカルトファンタジー モンスター科 ラブストーリー属)

プリティ・ボディ フランケンシュタインの恋('88 日本 Vオリジナル54分) 
             監督:長嶺高文 脚本:羽仁未央・長嶺高文
             出演:桂木 文・三谷 昇・宇佐美恵子・奥田雅史・南波豊和・室井 滋 他

 失恋に傷ついた少女が海辺の静かなマンションに越して来る。
厄介な住人がいたり事件に巻き込まれたりと異常な体験をする羽目になる少女・・・
やがて少女は未完成の人造人間と出会う・・・

 アイドル桂木文をヒロインに起用。正直やや人気下降線だったが、
彼女がヌードになった事はファンには衝撃を与えた。その頃のVIDEOオリジナル作品。
フランケンシュタイン(正しくはモンスター。ヴィクター・フランケンシュタインと言う博士が作った。)を
題材にした作品は数有れど、本作はちょっと怖くて楽しく悲しいラブストーリーとなっている。

 実はこの作品は2年程前に初めて観た。特別にファンだった訳でもなく、セミヌードだと思っていた。
当時(今でも?)はアイドルは売れなくなると脱ぐのは当たり前だった。セミヌードがあって
やがてフルヌード・・・今なら、更にヘアヌードと言う感じか。
 とにかく彼女は綺麗だ。当時この作品を観ていたら間違いなくファンになっていたと思う。
そして、美しい裸体・・・これは森川いずみ(AV女優)・「ドレミファ娘の血は騒ぐ」当時の洞口依子に
匹敵するほどの美しさだ。貧乳』好きの私には堪えられないBODYだ。
実際に相手するには細すぎると思うが・・・(コラコラ・・・)
その華奢な身体でトマトまみれの3P(AVではないので当然ソフトタッチだ。)シーンを演じている。
が付いているのは、こう言うシーンや殺人シーンが有るからです。

 でも、けっして悪映画では有りません。当時としては、あまりにもぶっ飛んだ脚本を
映像化した事は評価に値するでしょう。特殊メイクも、それなりに頑張ってます。
何より言いたい事はこの作品が公開されたのは「シザーハンズ」('90 米)が公開される2年も前だと言う事。
ましてや「発狂する唇」('00 日)など、企画さえされていない頃の作品である事だ。


 超マイナー作品の為、レンタル
している店があるか不明。
TU○AYAでは1店舗のみで発見。
ホラーコーナーでなく、一般邦画か
恋愛コーナーに置かれているのでは
ないか?店舗の端末でチェックすれば
すぐに見つかるかも?
 セルVIDEOも殆んど出ていないと
思われるので店舗落ちの中古VIDEOを
探す事になるが私は自身で購入した1本
以外、観た事はない。
 興味のある方は一度観られることを
薦める。探し易いようにパッケージ画像を
掲載させて頂いた。

(発売元:大映株式会社映像事業部)


    「この映画を観たり観なかったりしろ!」TOP戻る
     そのまま元の映画名選択場所を御覧の方はブラウザの戻るボタンで戻って下さい。