「のきおの部屋」TOPに戻る この映画を観ろ!に戻る

   

夏はやっぱりホラー作品ですずしく過ごそうって事で邦画を中心にズラッと取り上げてみました。
年代は基本的に製作・公開日ですがビデオ発売日・不明の場合あり、同名・類似名作品も多いので
レンタルしてみようという方は監督・出演者等をチェックしてね。
格付表ホラー物はB級作品・TV/ビデオ作品が多いので三星を最高点にしてます。
      点数も多少甘めです。      

65点〜 こわい。オススメ!
40〜65点 普通、取りあえずこわい。
10〜40点 観たきゃ観れば。

やっぱり、日本の夏は邦画だよね。

チェーン〜CHAIN〜('03劇場公開 )
監督 : 清水厚  製作 : 松下順一
出演:小向美奈子、伊藤かな、高井菜緒、大浦龍宇一、曽根英樹
    「呪怨」「着信アリ」等で最近のホラーの流行となった携帯電話物。
    ラストでヒロインがすごい最後を迎える・・・
    小向君キミはアイドルなんだからそこまでやんなくて良いんだよ〜!つ〜か、やっちゃだめだよ!どひゃー
   
呪怨('00 ビデオ) 
監督・脚本:清水崇 監修:高橋洋 
出演:栗山千明、三輪ひとみ、三輪明日香、洞口依子、柳ユーレイ 
    「リング」以来のヒットシリーズとなった作品の第1作。
    ストーリーとしては誰も語らないが二流。過去に事件が有って呪いが更なる恐怖を呼ぶといったもので
    実は恐怖シーンを沢山見せる為のお膳立てであり、なんでもありであって他のオムニバス作品と同じ。
    しかし、その恐怖の見せ場はさすが!特殊メイクも素晴らしい、そしてその筋の人にはたまらない出演人。
    
呪怨2('00 ビデオ) 
監督・脚本:清水崇 監修:高橋洋 
出演:大家由祐子、芦川誠、藤井かほり、斎藤繭子、ダンカン、諏訪太朗、でんでん、松山鷹志、柳ユーレイ 
    前作呪怨の2作目。と言うか前半は前作の総集編のようなもので、わざわざ2作に分けた理由がない作品。
    
呪怨('02 劇場公開) 
監督・脚本:清水崇  監修:高橋洋、黒沢清
出演:奥菜恵、伊東美咲、上原美佐、市川由衣、津田寛治、柴田かよこ、菊利友佳子、松田珠里、田中要次、藤貴子 
    柴田かよこさん出演と言うだけでDVDを購入。作品としては期待してなかったが予想を上回るダメさに呆れた。
    出演人のギャラが高いだけで特殊メイクも1作目が遥かにレベルが高い。と言う訳で呪怨2('03 劇場公開)
    観る価値無しと推測する。

死霊の罠('88 劇場公開)
監督:池田敏春 脚本:石井隆 特殊メイク:若狭新一(餓鬼魂)
出演者:小野みゆき、本間優二、小林ひとみ、中川えり子、桂木文、島田紳助
    日本初の本格スプラッター作品として注目された。
    猟奇殺人ビデオの真意を調査すべく山奥の廃墟に潜入したTVスタッフに恐るべき罠が襲い掛かる。
    血と暴力とエロスの長編ホラー・・・伝説のAV女優小林ひとみ嬢が角材でめった刺しにされるシーンで
    服を着ているのが残念。    

死国('99 劇場公開 )
監督:長崎俊一 原作者:坂東眞砂子 脚本:万田邦実 、仙頭武則
出演者:夏川結衣 、筒井道隆 、栗山千明 、根岸季衣 、大杉漣
    直木賞作家の同名小説を映画化、ストーリーは怖いと言うより悲しいお話。
    しかし、古くからの因習に培われた山村の雰囲気は知ってる人間にはとても恐ろしいものである・・・
    ちなみに舞台となった村は愛媛県の山村、あと高知県の私の実家のある町内の旧家が使用された。
    霊感の強い友人の話では本編とは関係なく霊が写りまっくっているらしいので、確かめてみてね。

妖奇怪談全集 「怪談 釘狂い」 「怪談 幽霊新聞」('02)観る価値無し! 
監督・原作・脚本:山田誠二 特殊メイク・造形:原口智生 三輪ひとみ主演
    怖さがない上、話が低レベル!詳しくは 

恐怖!!寄生虫館の三姉妹('96 Vオリジナル83分)オススメ!
監督:宮坂武志 出演者:秋本翼、稲田千花
    タイトルどおり妖しい、この逝っちゃった感はある意味快感である。詳しくは
  
プリティ・ボディ  フランケンシュタインの恋('88 Vオリジナル54分)オススメ! 
監督:長嶺高文 主演:桂木 文
    ホラー作と言うよりカルト作品。ちょっと怖くて楽しく悲しいラブストーリー。詳しくは

美少女の死顔は美しい('02? オリジナル シリーズ各60分) 
シリーズ物、主演:遠藤栄理香 樹里 他
    2001年当時の注目アイドルを主演に起用、ビデオ・DVDに加え写真集・イメージDVD同時発売の戦略で発売された。
    血まみれで死んでいく女子高生を楽しむ為の作品なので、内容・演技とも大した事は無い。
    
稲川淳二の真実のホラー('03 オリジナル62分)
出演:稲川淳二・眞鍋かをり・後藤理沙・久野真紀子・山崎裕子
    4話構成のオムニバス作品。稲川淳二監修(及び関連)作品のドラマは作りがちゃんとしていて、出来の良い作品が多い。
    ホラーブームの幾度かの波の中、コンスタントに作品をヒットさせる稲川氏には感心する。本作は割と最近のもの。
    演技が特別上手いわけではないが眞鍋かをり(第1話)が色っぽい。後藤理沙(第2話)の演技は諦めるしかないが
    これはさほど気にならない。各話良くある話だが題材を分けてあるので1つぐらいは楽しめるのでは?
    惜しいのは最も怖い第4話、題材・演出も悪くないがもう一押し欲しかった。

金曜日のレストラン('00 72分)
監督:成田祐介 出演:大原かおり、西集、庄司哲朗、蛍雪次朗、稲川淳二 ストーリーテラー:天本英世
    都会の片隅で金曜の夜にだけ店開きする屋台、メニューはシチューとワインだけ・・・1度それを口にした者は
    そのどこにもない不思議な美味しさに魅了され毎週足を運ぶようになる。
    ある日、被害者が腹を食いちぎられると言う異常な事件が発生、過去にも同様の事件が起きている事を知った主人公は
    調査をはじめるが・・・容疑者達は皆、金曜日のレストランの客であった。
    話は面白いが主演の大原かおりが明らかにホラー色を低下させている。オチが二流・・・てか、パターンが古くないか?
    
うずまき('00 劇場公開)オススメ!
監督:Higuchinsky 原作:伊藤潤二 脚本:新田隆男  出演:初音映莉子・フィーファン・佐伯日菜子・大杉連
    Higuchinsky(ひぐちにすきー「エコエコアザラクTVシリーズ・SECOND第22話<魔女裁判>)監督が、
    ホラー漫画界の奇才・伊藤潤二原作の長編ホラーを映画化。尺の都合で原作そのままにと言う訳にはいかないが
    不気味さ・独特の世界観を見事に映像化している。「人カタツムリ」役のハマリ度は100%だ!
    主演に「首吊り気球」(伊藤潤二原作)の初音映莉子。競演陣は「らせん・エコエコアザラク・ねらわれた学園・蛇女」で
    怪演を見せつけた佐伯日菜子クィーン。
    気持ち悪さは太鼓判なのでウナサレタクナイ人は観ないように。詳しくは

エコエコアザラク(吉野公佳主演) ('95劇場公開)
監督・ストーリー原案:佐藤嗣麻子脚本:竹上純希  出演:吉野公佳・菅野美穂・樹澪 他
    古賀新一原作の大ヒットホラーコミックの映画化。
    監督は自らの脚本の「ヴァージニア」('92 英)で監督デビューし、アヴォリアッツ大賞受賞の佐藤嗣麻子。
    初主演の吉野公佳、共演に菅野美穂の当時の二大アイドルを起用しての贅沢な記念すべきシリーズ第一作だ。
    黒井ミサ役の吉野公佳もはまり役だが、驚くべきは菅野美穂の切れっぷり!!
    スケール・特撮・キャスティング3拍子揃った記念すべきシリーズ第1作。詳しくは

エコエコアザラクUBirth of the Wizard(吉野公佳主演) ('96 劇場公開)
監督・脚本:佐藤嗣麻子  出演:吉野公佳・白鳥智恵子・四方堂亘・天本英世(特別出演)
    前作の好評もあり、続編として翌年に製作。
    作品としてレベルは落ちてないんだけど、物語がミサが魔術に目覚めるまでの話しなので、「史上最強の魔女」ミサが
    観たい方には、ちと物足りないだろう。
    同監督処女作「ヴァージニア」('92 英国 )的なロマンスがあったりして、怖いというより、悲しいお話し。詳しくは

エコエコアザラクTVシリーズ(1997/ 2〜1997/ 5 02:10〜02:40放送 東京地区)オススメ!
企画:山地 浩・円谷 粲 企画協力:西国 晃(フォーサム) 音楽:片倉三起也(1〜13話)・鈴木大介(14〜26話) 原作:古賀新一 
製作:GAGA PRODUCTIONS 制作:円谷映像 出演:佐伯日菜子 ・今村理恵 ・団 時朗・榊原るみ 他
    劇場版前2作の好評を受け、ミサ役に「ねらわれた学園」('97)撮影中の佐伯日菜子を抜擢して「エコエコアザラク」は
    TVシリーズとして放映(全13話 テレビ東京 '97)さらに「THE SECOND」第2シリーズ放映(5話のみ)。    
    コミックス版のような1話完結のミサの活躍が楽しめる。オススメはシリーズ最高視聴率となった17話「私 SevenT」ゲスト:つぐみ。
    諸事情により(詳しくはエコエコアザラク劇場版)18話「包囲 SevnU」を最後に全13話(計26話)を予定していた番組は
     打ち切られてしまったがTV放映ではカットされていた過激シーンを追加して全話ビデオ版が出ている。
    
エコエコアザラクVMISA THE DARK ANGEL(佐伯日菜子主演) ('97 劇場公開)
監督:上野勝仁 脚本監修:梶研吾 脚本:七月鏡一・林壮太郎 脚本協力:新田隆男・近藤巧治 音楽:鈴木大介
出演:佐伯日菜子・萩原由紀・高橋あゆみ・三輪ひとみ・藤村ちか・山本エレナ・滝村裕子 他
    ミサ役に「ねらわれた学園」('97)撮影中の佐伯日菜子を抜擢して「エコエコアザラク」はTVシリーズとして放映。
    TV版のヒットを受け佐伯日菜子主演で劇場版第3作として製作された。
    TV版の2時間スペシャルという雰囲気だがレベルの高いホラー作品。共演の女優陣が悲しくも美しい・・・詳しくは

エコエコアザラク(加藤夏樹主演)  ('01 劇場公開)観る価値無し! 
監督:鈴木浩介  脚本:小林浩利 出演:加藤夏希・大谷みずほ 他
    何より問題なのは創り手の考え、確かに加藤夏希は美しい、謎を秘めた瞳も魅力的だ、原作の黒井ミサのイメージによく似合う。
    だからといって、エコエコの名を騙り、原作無視のやり放題、単なるスタッフのオナニー映画になってしまった。
    第一この話、主人公が黒井ミサである必然性がまったくない!詳しくは

仄暗い水の底から('02 日本) オススメ!
監督:中田秀雄 原作:鈴木広司 脚本:中村義洋・鈴木謙一
出演:黒木瞳・菅野莉央・小口美澪 他

    リングの監督・原作コンビが贈る戦慄のホラー。恐怖を増幅するアイテムを効果的に使うテクは「リング」「呪怨」同様、さすが。
    パターンが見えてたと言うか・・・このままズルズルと訳の分からん終わり方するのかと思ったら・・・
    後半に、あんなバクダンがあったとは・・・低予算(あくまで予想)でもホラー映画は作れる見本。詳しくは  












この映画を観ろ!に戻る 「のきおの部屋」TOPに戻る