評価 食いたきゃ食え! ホラー科 魔女属)

エコエコアザラク(加藤夏樹主演) ('01 日本) 監督:鈴木浩介 脚本:小林浩利出演:加藤夏希・大谷みずほ 他

のきおのコメント 
 史上最強の魔女映画ではなく、史上最強のオナニー映画。加藤夏樹ファンには悪いが(無論、彼女のせいではないし。)こんな映画に
エコエコシリーズの名が掲げられてはいい迷惑である。すでに犯罪といってもいい。
 何より問題なのは創り手の考え、確かに加藤夏希は美しい、謎を秘めた瞳も魅力的だ、原作の黒井ミサのイメージによく似合う。
だからといって、エコエコの名を騙り、原作無視のやり放題、いじめたり・奉ったり。マスコミや市民や世の中に恨みでもあるのか?
ひょっとして風刺してるつもりなのか?第一この話、主人公が黒井ミサである必然性がまったくない!

 マスかくのは勝手だが「バーバレラ」('67 英・仏・米)みたいに、それなりに楽しめる作品にしてもらいたいものだ。
加藤夏希ファン以外にはお薦めできないゲテモノ料理。ファンでも腹壊しかねない。
 まあ、エコエコシリーズでないならそうでもない映画なんだけど・・・キャスティングを知った時すごく期待しただけに残念で仕方がない。
夏希ちゃん事務所、移ったほうがいいと思うぞ。綺麗だし、若いし、演技力だってあるんだから。

ケロ・ヨン太のコメント 
 「期待してたのに・・・まさかエコエコに泥を塗られるとは。
ヒロインが美しすぎてスタッフのオナニー映画になってしまった。」


      わくわく映画ランド「この映画を観たり観なかったりしろ!」TOP戻る
      そのまま元の映画名選択場所を御覧の方はブラウザの戻るボタンで戻って下さい。