思い出せる限り復旧中です。

2005年度わくわく映画大賞決定!!トホホ10  戻る


 2005年1月(2004年末正月映画・TV含む)から12月(2006年1月正月映画・TV含む)までに
観た全ての映画・TV放映映画・DVD・VIDEOで観なきゃ良かったトホホな作品を勝手に表彰!
映画の(年)は製作年もしくは公開年です。

けろ・よん太が選んだトホホ
 とほほである。もう、まったくもってとほほである。前回と同じく、
 @ 作品に何らかの重大な破綻があり、それをフォローできるパワーは持ってない。
 A 話題作や大作には辛くする。
 このルールでつけてます。 とほほである。もう、まったくもってとほほである。前回と同じく、

1位 スウィングガールズ ('0 日本)監督・脚本: 
 もう書きません。散々言った通りです。
2位 赤目四十八瀧心中未遂  ('0 日本)監督:荒戸源次郎 出演:大西滝次郎・寺島しのぶ 
 幻想的な雰囲気に包まれた、純文学の薫り高き佳作。じゃなんでワーストなんだと言われれば、
ありがちな話で惹かれるものが無いことと、単に鬱陶しい作品になってしまったこと、寺島の濡れ場が
あっただけで、ここまで話題作にしてしまったメディアに反発したこと。
3位 父と暮らせば ('0 日本)監督・脚本:黒木和雄 出演:宮沢りえ・原田芳雄・浅野忠信
 宮沢りえはとっても可愛いし、原田芳雄は良い味出てるし、良い映画です。では、なんでワーストかと言われれば、
舞台のほうが面白いからです。この映画は、映画である必要が無いくらい、面白味に欠けるのです。

 正直、ものすごく沢山のトホホを見ました。特に最近流行の、ネット配信を前提にした映画の殆んどが、しょーもない映画です。
たまーに良いのがあるから、チェックしてますが、ほんと、時間と金の無駄遣い。
基準外なので(さらに数が多いので)とほほランクに入れません。 それでは、今年度の締めくくりに一句。
  今年こそ 避けて通ろう トホホ作   …お疲れ様でしたー!  <ケロ・ヨン太>
          

のきおが選んだトホホ+α 
 え〜、発表の前に一言。『映画秘宝』という雑誌がある。年間ベスト作品に『クレヨン・シンちゃん/大人・・・』が選ばれるような
 オタクな映画批評がまかりとおるナイスな映画誌で・・・あった。マニアックではあったが常識に囚われない批評家と読者の
 作品の正当な評価をしていた雑誌であった。しかし、今や只の特撮(SFX技術)オタクの集まりになってしまった。これこそトホホだ。

1位 宇宙戦争('05 米国) 監督: 原作:

2位 ('05 日本)監督:  

3位 ('05 米国) 監督: 

4位 ('04 日本) 監督: 

5位 ('04 日本) 監督:

6位 ('04 日本) 監督:  

次点 ローレライ('05 日本) 監督: 
    始まって間も無く明かされる世界の勢力図を塗り替えてしまいそうな秘密兵器の正体を知り、コケた。
    フジTV的・都合の良いストーリー展開、マヌケな艦長(部下の死を尊ぶならさっさと出発せえ!)
    ランキングに入れなかったのは「若者を守った大人達」に5%の良心があると信じたいから。

1位とランク外しか思い出せない。よっぽど、どうでも良い作品だったんだろう・・・トホホ <のきお> 

観てしまったんだからしょうがないよね・・・トホホ・・・

   戻る