2002年度わくわく映画大賞決定!!トホホ  戻る


 2002年1月(2001年末正月映画・TV含む)から12月(2003年1月正月映画・TV含む)までに
観た全ての映画・TV放映映画・DVD・VIDEOで観なきゃ良かったトホホな作品を勝手に表彰!
新旧問わず、このぐらいじゃないと地方で観られる作品など数えるほどしかないのだ!)

ケロ・ヨン太が選んだトホホ
  去年も“ちょっと待て!”な作品を見てしまった。
 そりゃ「ポワゾン」とか「WASABI」とか「キリングミー・ソフトリー」とか、『観た方が悪い』のは
 最初から腹きめて観るから気にならないけど、面白そうなのに実はしょーもないってのは
 パッケージじゃ解らんからつらい。
1位 ブラック・ホークダウン('01 アメリカ)
  ミスタールーキーに私が並んでたら、隣のコレに並んだアベックがこれ見よがしに
 『ねーねー、「ミスタールーキー」やて。誰が観るがー?』『そりゃタイガースファンやろう』などと
 抜かしやがった!その通りじゃ!おのれら並んどる最中いちゃつきやがって!
 大阪来たら生きて帰さん!(あれ?)
2位 アタックナンバーハーフ('00 タイ)
  なんじゃこりゃー!監督脚本役者はじめ、全てが駄目!観るのがゴーモンでした。
 話のタネにしたい人以外、見ちゃダメ!(最近TUTAYAでオススメになってた…何故?!)
3位 ココニイルコト('01 日本)
  ふざけんなよ!もう、こんな映画はさっさと忘れるにかぎる。
 そのため映画のあらすじすら断片的にしか覚えてません。脳の容量、無駄遣いしたくないからね。
4位 恋はハッケヨイ
('99 イギリス)
  太ってても、一生懸命にやれば美しい…ての期待したら、単なるデブ専だった。
5位 ミスタールーキー
('02 日本)
  凄く面白いネタを丁寧に映像化しても、脚本に無理がありすぎ!ルーキーではない。
 鶴田真由がやったヨメの設定だ。あんな文句たれムカツク!さらに役者下手!
 長島より下手な鶴田以上に竹中直人!大阪人ナメとんか!


のきおが選んだトホホ
  去年も“ちょっと待て!”な作品を見てしまった。
 ヒット作品はなるべく観るようにしたが、結局殆んど観てなかったりする。(爆)
 洋画離れも在って「少しは観とこう。」と思い有名どころのホラーの続編とか観たが、最悪だった。
 あと『ブレア・ウイッチ・・・』物はもううんざり、目が疲れるだけだ。リアリテイだか知らんが
 演技力皆無の素人俳優にセリフ棒読みさせて作り手は安くあがるだろうね。
 『食人族』本気で観てたアホウどもにはウケるんだろうけど。

1位 千と千尋の神隠し('01 日本)
  2003年になって、やっと借りられたVIDEOにて鑑賞。・・・・・・???なぜだ????????・・・・
 ハテナマークが永遠に続くほど、この作品が歴代興行TOP作品とは信じられない。
 だって、映画として成立してないぞこんなもん!ラストがあれじゃ、夢オチレベルやンけ!!
 いろいろなキャラが出てきて楽しいから子供が喜ぶって言うのなら、少しは理解できるが・・・
 もっとも、あんなグロな化け物たちを散々見せられたら、幼児の頃の私なら泣くな・・・きっと。
 あと、本人が認めていることだが、宮崎監督、私物化し過ぎ!
 ジブリブランドでなく、個人的にやりなさいよ、こういう事は。 
2位 みんなのいえ('01 日本)
  日本人って、こう言う映画好きなのね。マイホーム世代?は、うんうんうなずきながら観てたりするんだろうな。
 すきま映画だ。あと、三谷幸喜は着眼点が面白く脚本家としては良いと思うのだが、それを生かすも殺すも、
 演出家や音楽家やスタッフの力であって三谷に、そんな技量はない。
 HRはひじょうに面白いが、結局舞台作家がむいてると思うなコイツ。
3位 BRUCE LEEinG.O.D 死亡的遊戯('00 日本・香港)
  記録映画な訳ね。メイキング映像とかファンとしては興味深いけど、映画としては期待はずれっていうか的外れな作品。
4位 血を吸う宇宙('01 日本)
  『発狂する唇』の続編と言えるこの作品。キャストもストーリーも悪くないのだが、一般作品にしたのが大きな間違い。
 R-15指定の前作からすると明らかにトーンダウン。大体パンツ売りの少女主演なんやから、放尿シーンぐらいオープンにしろ!
5位 ドリヴン('01 日本)
  あえて、取り上げるほどトホホでもないんだが。F1・インディとかレースに詳しい人には良く解かると思うけど
 在りえない現象・行動のオンパレードでストーリーに集中できなかった。
 しかし、スタローンがレーサーって言うのが無理ありすぎ(笑)。でも、元F1ドライバーとか、映画で撮ると雰囲気出てて
 メチャクチャかっこよいぞ!


観てしまったんだからしょうがないよね・・・トホホ・・・

   戻る