ア行

麻生久美子(女優):出演作 カンゾー先生('98) リング0バースデイ('00) Stereo Future('00)
               回路('00)RED SHADOW赤影('01)他
                「カンゾー先生」で見せたしっかりした演技力とナイスなBODY!!
              デビュー当時の原田美枝子さんを思い出してしまった。
              今後活躍がさらに期待できる本格派。
              「RED SHADOW赤影」の彼女に心奪われてしまい、奥メグファンの私としては
              複雑な心境で観てました。

阿部 寛(男優):タオの月('97) 発狂する唇('99) トリック(TV'00) トリック2(TV'02)
               出演作は私の好みで挙げてみました。仕事選ばん君が悪いんやからね!
              メンズノンノな人なんだから二枚目やりゃー良いのに・・・

安藤 希(女優):さくや妖怪伝('00) 顔泥棒 特別版(TV'00) 他
               さくやをやる為に生まれたような人。カツゼツの悪さと、ちょっと油断すると
              ふにゃふにゃになるそのキャラクターも映画の中では全く問題にはならない!
              関係ない。結局、映画で主演をこなせるかどうかは華があるかないかに
              大きく影響されるのだから。がんばれ!
               ところで「顔泥棒 特別版」は伊藤潤二原作のホラー漫画の映像化なんだが
              ラストシーンが原作とは違っている。原作は最悪の結末を迎えるのだが、
              それはいいとして問題は本作。怖いんだか可笑しいんだか悲しいんだか・・

稲垣吾郎(男優・歌手):パラサイト・イブ('96) 踊る大走査線 歳末特別警戒スペシャル(TV'97)
                 催眠('99) 他
               はじめてSMAPの彼の名前を覚えたのが「踊る大走査線 歳末特別警戒
              スペシャル」、シャブ中毒で湾岸署にライフルを持って立て篭もる犯人役だった。
               こんな変なヤバイ役をSMAPの人が演るなんてと思い、それまでなんの興味も
              無かったが気になって初めて「スマスマ」を観るようになったんだけど、
              やっぱり変な人だった。うれしくてファンになった。
              「催眠」は彼のキャラがうまく活かされた秀作だ。
   
内田有紀(女優・歌手):時をかける少女(TV'94) 17才(TV'94) CAT'S EYE('97)
                 踊る大走査線スペシャル('98) BEAT('98) 他
               彼女に関しては何をやってもらってもOK!茶髪にしようがボウズになろうが
              整形しようが全然OK!それで彼女を嫌いになる事は無いだろう。
              実際、彼女のデビュー前の写真を見たことあるけど化粧をしてないのでボヤっとした
              感じはあるが、さわってるようには見えんかったぞ。
              スケジュール過多で目が落ち込むと暗い印象に見えてしまうから、下マブタぐらい
              触ってるかもね。私は彼女が存在するだけで嬉しいので好きな事やってくれ!
              
              '02年12月、俳優吉岡秀隆と結婚。引退だけはして欲しくなかったー!!

大杉 漣(男優):無能の人('91) ひきにげファミリー/2('92/VIDEO'94) Shall we ダンス?('96)
            狂わせたいの('97) 発狂する唇('99) 不貞の季節('99) うずまき('00)  
            ロング・ラブレター漂流教室(TV'02) 他
               VIDEO化された出演作品だけでも200作以上!
              特にヤクザ物・ホラー物が多く、レンタルすると必ず大杉漣が、出ているといっても
            
過言ではない!が!?タイトルを聞いてもどこに出とったか覚えてない事が多い。
              ちょい役や変人役が多く、性格俳優的な扱いを長く受けていたが、最近では
              名優として活躍している。
              が!?「うずまき」('00) では、やはり変人ぶりを発揮!う〜んナイス!

大林宣彦(監督・男優):監督作 HOUSE ハウス('77) 転校生('82) 時をかける少女('83) ふたり('91)
                     青春デンデケデケデケ('92) はるか、ノスタルジィ('92) 他
               子供の頃、体育館に映画がやってきた。殆どは「東映まんがまつり」だったが。
              「HOUSE」は怖いもの大好きの私にとって、期待の作品だった。
               しかし、期待は裏切られた。遊びの部分が恐怖感を損ねるのように思えた。
               20年も経って久しぶりに観たくなりレンタルした。
              (しかし、ソフトが残ってる事自体すごい。)
              ビックラこいた!素晴らしくお洒落で、面白い作品だった。
               あの時の私にはそのセンスが理解できなかったんだと気付いた。
              そしてエンドクレッジットでまたびっくり、大林監督だった!
              転校生以来ファンだったから・・・

荻昌弘(映画解説・作家)
               TBS系(だと思う)「月曜ロードショー」の解説者だった。故人。
              私の一番好きな映画解説者さんである。
               この人ほど作品を的確に評論した解説者はいまい。
              『地球最後の日』では「単純に言ってしまうと主役はランドマスター号なんですが・・・」とか
              「巨大サソリとか出てきますがまあ、あくまで創作の世界ですから楽しんでみてください。」
              といった本人の主張はきちんと伝える。水野○郎さんのようにやたら褒めちぎらないし
              ましてや、浜村○さんのように駄作を凄く面白い作品と思い込ませたりしない。
              (浜村さんはある意味天才かも、浜村マジックにかかればどんな駄作もヒット間違いなし!
              公開前の宣伝には適役だ。但しこの方、オチまで喋る時があるので最悪だ。)
               荻さんは良い所は誉める、悪い所を貶しはしないが指摘する。落ち着きのある優しい顔立ちと
              声を聞いていると子供ながらに心が和んだ。そして映画を愛して止まない人だったと思う。
               荻さんの大好きなスチーブ・マックイーンが亡くなった時に追悼作品として『華麗なる週末』を
              解説する事になったが、番組の後解説で思わず涙ぐみ解説が出来なくなってしまい、
              「私的になってしまいました・・・もう勘弁・・・」のセリフを最後に言葉無く解説が終わってしまった。
               『007シリーズ』はお気に入りだったように思う。私も当時ワクワクしながら観たものだ。   

  戻る