成菌。表面に強いヌメリ 裏面、ひだは白い

   チャナメツムタケ(モエギタケ科) 
               食
 ’01.10.中旬
 傘の径5〜10cm、茶褐色〜暗褐色で周辺部に鱗片を点在。
湿ると粘性がある。
柄は5〜10cm、ささくれがあり、下部は褐色。
 林内地上に発生。

コメント
 やや、土臭いがナメコに近い風味を持つ。
 特に発生する林を選ばないようで広葉樹なら普通のキノコが
生えないような木でも発生する。
 ブナ林が一番発生し易いようだが熊笹が群生している
端の方に発生している事が多い。湿気が逃げずらい環境が
好きなようだ。(のきお

  戻る                 tosakinokokai