ツキヨタケ(キシメジ科) 猛毒 ’01.9.中旬
 傘は半円形〜腎臓形で長い方の径が10〜25(30)cm、
幼菌(写真右)時は黄褐色〜茶褐色、成菌(写真左)になると
紫褐色〜暗紫褐色。ひだは淡黄色〜白色で粗。
 柄は1.5〜2.5cm、傘の横に付くつばを持ち、ほとんどの
場合、黒いシミがある。
 シイタケ・ヒラタケ・ムキタケと誤認する人が多いようで日本で
最も中毒の多いキノコ、死亡例もある。
 新鮮なものは暗闇で発光が見られる。

コメント
 良く言われる柄付近の黒いシミだが、幼菌の時には
目立たないもの(ツキヨタケ2に写真を掲載)がある。
 またシミの全くないものも、まれにあるので注意が必要。
 祖父の話では昔は毒抜きをし、さらに1年以上塩蔵して
食した事もあったという。美味しくはなっかたそうだ。
 発光現象のあるところから「ヒカリナバ」と
呼ばれていたらしい。(のきお

  戻る                tosakinokokai