シロタマゴテングタケ
 (テングタケ科) 
猛毒 ’01.9
 その、ほどんどが毒を持つテングタケ科のなかでも
「ドクツルタケ」と並ぶ、猛毒キノコ。大人でも1本食べれば
医療機関で適切な処置を受けない限り、死に至る。地上性。
 「ドクツルタケ」は柄が繊維状のささくれに覆われ、
本種にはほとんどささくれがない。つぼ・つばを持つ。

コメント
 場所を選ばずどこにでも生える。「ドクツルタケ」はヒノキ林に
生えているのをよくみかける。
 (テングタケ科)のキノコやヒノキは殺菌効果?が
あるらしいので、他のキノコ類は入って来れないのだろうか?
 他のキノコはタコウキン科ぐらいしか見かけないのに。
それも、枯木があっての話だし。
 少々極端な意見を書かせて頂くと「死に至る毒キノコ」程、
公園とか・校庭・道端といったところに普通に生えていて、
山へ行くと、もっと生えている。
 『縦に裂ければ・・・』等の間違ったキノコの知識を国を上げて
正さないと大変な事になるぞ!
 などと思う私は、リストラされて仕事もなくなったら、山に
こもるかなどと考えてたりします。(のきお

 『土佐きのこ会』では実質、「タマゴタケ(赤色)」以外の
(テングタケ科)のキノコについては試食・素手で触れる事を
禁止
しています。
 大人は、まだしも子供は1口食べても病院での処置は間に
合わないと思ってます。(しんじ

  戻る              tosakinokokai