シロオニタケ
 (テングタケ科) 
食毒不明 ’92.07.24
 地上性(菌根性)。傘の表面に小さな錘状の錐状のイボが多数付く。
柄は上部に、つばを持ち、下部が大きく膨らみ、刺上の鱗片に覆われる。
つぼは持たないが、猛毒菌の多いテングタケ科のキノコなので要注意。

コメント
 まだキノコ狩りを始める前に撮影したもの。
この頃からキノコに興味を持ち、この年の秋からキノコを探すようになった。
 その頃凝っていた一眼レフカメラで撮影。場所は三重県鈴鹿市の
鈴鹿サーキットのキャンプ施設の雑木林内。
余談になるが御存知の方はよく知っている「8時間耐久レース」で
決勝レース3日ほど前から友人とキャンプをして予選やイベントを観戦していた。
この時の被写体は、バイク&選手40%・キャンギャル60%だった(笑)。(のきお


  戻る              tosakinokokai