成菌 裏面、管孔は白色、のち褐色

   シロヌメリイグチ(イグチ科) 
             
 ’01.10.初旬
 傘の径5〜12cm、暗褐色で強いヌメリがある。
柄のつばから下部は傘とほぼ同色。上部は肉と同じ、汚白色。
ハナイグチと同じ、カラマツ林に発生。

コメント
 写真の個体は乾燥が激しく、粘性がなくなっているが
通常は粘液に覆われている。
 名前のように真白い訳ではないが、他のイグチ類と比べると
かなり白っぽく見える。
 ハナイグチと同じ林に生えるので、ついでに採る。(笑)
やや、歯応え・味は落ちるが充分に美味しい。(のきお

  戻る               tosakinokokai