コウタケ・シシタケ(イボタケ科)
              
食( ’01.9.中旬
 ささくれ立った傘がじょうご形に開く。径7〜20cm、中央が
柄の根元までくぼんで中空。柄は7〜20cm。
 独特の強い香りを持つ。生食は中毒するので注意。
 ミズナラ・ブナ等の雑木林に発生。

コメント
 「コウタケ」の香りは黒砂糖に似ていると思う。
私は大好きで「シイタケ」の様に乾燥保存したものを
炊き込み御飯に利用する。
 この個体は普段この山に生えるものに比べるとささくれが弱く
くぼみが浅く、ほとんどないものもあり、苦味が強かった。
最も「ケロウジ」の耐えられない苦さでは
ないですが。(のきお

  戻る               tosakinokokai