ホウキタケ 株元が太い。
   ホウキタケ(ホウキタケ科) 
              
 ’02.09.中旬
 白色の太い株から枝分かれし花野菜のような形になる、株の
径は3〜5cm。
 成菌は高さ15cm、径15cm以上になり、細かく枝分かれした
先端部は淡紅色〜淡紫色。
 「マツタケ」「マイタケ」「ホンシメジ」と並ぶ優良食菌。

 「ハナホウキタケ」「キホウキタケ」など軽毒を持つ仲間の多いホウキタケ
他の仲間と違い株が太く、肉が白いのが「ホウキタケ」の特徴

コメント
 アカマツ・コナラ・クリ・クヌギ・モミ・カラマツの混合林に
発生していた。直径約5mの菌輪を2/3ほど描き、
成菌〜老菌が大小20株以上並んでいた。
 ’01.10.初旬に発見した際は、1週間ほど前が旬だったようだが、
それでも状態のそこそこのものを7・8本採る事ができた。

 今回は少し早いうちから足を運んでいたので、まずまず。
しかしサイズと量が今年は少ない。
 来年の為に大きめの状態の良いものだけ2・3本採るに
留めた。(しんじ

 「マツタケ」の生えるような所ではないが、雑木林としては
非常に環境が良く今後が楽しみ。
 しゃきしゃきとした食感を炊き込み御飯で楽しんだ。
のきお

  戻る                   tosakinokokai