放射状に繊維紋あり ひだは疎、白色

   ヒロヒダタケ(キシメジ科) 
           
 ’01.10.中旬
 傘の径5〜10cm、灰色から黒褐色。柄は7〜12cm
固く締まっている。傘、柄ともに繊維状。
 地上に発生するが埋もれた朽木から発生しているのが
通常。

コメント
 ツエタケ(食)に似るがツエタケは柄が地中深く潜り
長いものでは柄の全長が30cmを超える。
 ツエタケは食べて見たが柄が固過ぎてどうにもならなかった。
油料理で利用するしかなさそうだ。発生量も少なく、キノコ自体
小さいので採る事もない。(のきお

  戻る               tosakinokokai