ヒメアジロガサモドキ(フウセンタケ科)
    
食毒不明猛毒?> ’01.9
 傘の径は1.5〜4cm、中央部が小さく突起する。
黄土色〜黄褐色、湿ると条線が現れる。
 柄は2〜5cm、膜質のつばがある。

コメント
 写真のものはブナの立ち枯木に群生していた。
右端(アップの写真)のつばの落ちたものなどは
「チャツムタケ」のようにも見える。
 どちらにしても食用菌ではないし、「コレラタケ」の可能性も
あるので、この手のキノコには絶対に手をつけない。
 しかし、こうゆう見事に群生したキノコを見るたび思わず、
呟いてしまう。

 これが、「ナラタケ」やったらなー。(のきお

 これが、「ナメコ」やったらなー。(しんじ

  戻る           tosakinokokai