ブナシメシ(キシメジ科)  ’01.9.中旬
 傘の大理石模様が特長、「ほんしめじ」の名で栽培品が
販売されている(ホンシメジはマツタケ同様人工栽培は不可)。
 天然モノは傘の径4〜15cm、柄の長さ3〜10cmと大型に
なり、栽培品と同じく苦味を持つ。

コメント
 店頭で良く見かける「しめじ=ヒラタケ栽培品」と
「ほんしめじ=ブナシメジ栽培品」、私はどちらかと言えば
「しめじ」の方が好きです。「ぶなしめじ」のぷりっとした
歯ごたえも捨て難いのですが、薄味の料理や吸い物に使うと
苦味が気になります。消費者はあの苦味、気にしてない
ようですが(気が付いていない?)。
 今や店頭には「ぶなしめじ」ばかりで「しめじ」を置いている
店は数えるほどになってしまいました。(のきお

 「しめじ」は日数が経つと白い菌糸が発生し、それがカビの
ように見える為、売れ残る事が多いようだ。
 店側が売り易いものを売っている為に高知では「しめじ」を
置く所が減っているのだろう。
 カビでない事を説明した注意書きを添えてある商品もあるが。
見た目ばかり気にする消費者が多いのは事実。(しんじ

  戻る                    tosakinokokai