ベニハナイグチ成菌 下に見えるのは幼菌

   ベニハナイグチ(イグチ科)  ’01.9.下旬
 傘の径5〜10cm、赤茶色の鱗片が密集する。
柄は3〜8cm、つばはあるが取れ易い。つばより下部に
傘と同様の鱗片が、まだらに付く。肉は淡黄色〜クリーム色。
 傷つけると赤変する。

コメント
 見た目はおいしそうではないが、大変歯切れ・味が良い。
鱗片は取る必要はないが、成菌の粗めの管孔は
取って利用する。
 マツ(五針葉)の樹下に発生する。マツが1本しかなくても
生えるところには生えているが、残念な事に高知では発生量が
少ないようで、シーズンに2,3本取れれば良い方だ。(のきお

  戻る                   tosakinokokai