アカヤマドリ(イグチ科)  ’01.9.中旬
 傘の径7〜20cm、表面は濃黄土色、初めしわ状(写真幼菌)
のち、しわが伸び表皮がひび割れる。肉は淡黄色。
 柄は長さ5〜15cm、太さ径2.5〜5cm、黄色の地に黄褐色の
細かな点々があり、下部に行くほど濃くなる。
 コナラ・クヌギ・シイ等の林に発生。

コメント
 傘は柔らかく、柄は強じんで歯切れが良い。スライスしてホイル焼き
したものを塩で食べたが、煮込み料理の方が合いそうだ。
 傘はやや弱いが柄は老菌になって傘が溶けているものでも、
しっかりしている事が多い。
 写真(右・成菌)の固体は海岸沿いのシイ類の林の中で発生していたもの
'02.7月下旬、高知では連続夏日を記録していた頃にリングを描いて
10本ほど発生していた。既に溶けてしまったものが殆どで
発生から1週間ほど経っているようだった。(のきお

  戻る              tosakinokokai