傘に比べて柄が長い

   セイタカイグチ(イグチ科) 
                
 ’92.10.中旬
 傘の径4〜10cm、薄茶色〜灰褐色。
管孔は黄色。柄に特徴があり8〜16cm、薄紅色〜赤茶色で
網目状の白い隆起がある。

コメント
 キノコ狩りを始めた頃に出会ったキノコ。
柄が独特の色と形をしている。写真の写りが悪いので
(実は発見したとき、辺りはもう暗かった・・・)判りずらいのですが
独特の網目模様があります。
 傘は虫に食われている事が多いですが柄は丈夫で
独特の歯ごたえとぬめりがあり絶品です。
たとえるなら、こりこりとした自然薯(やまいも)という感じでしょうか?
(のきお)
 
 ’98に近所のシイ・カシ林に大量発生したがそれ以外の年は発生していない。
(しんじ)

  戻る                      tosakinokokai