拡大 拡大

ハエトリシメジ(キシメジ科) (注) ’02.10.下旬

 傘の径4〜6cm、淡黄色〜オリーブ色、中央が濃い
放射状の繊維に覆われる。中央部が突出する。
ひだは白色〜淡黄色。
 柄は6〜8cm、傘とほぼ同色。肉は白色。

 マツの混じる広葉樹林内地上に発生。

 人により酒に酔ったような症状が出るらしく注意を要する。
過食は禁物。
 また毒キノコのクサウラベニタケに似るので要注意。

コメント
 トリコロミン酸(アミノ酸)といういかにもやばそうな名のうまみ成分を
含み、煮汁をハエがなめると死ぬことから名前がついたそうだ。
 のきおしんじの大好物だが滅多に採れないのが残念なところ
しかし、わらしは吐き気などの中毒症状が出て以来、食べない。
体質によるようだ。(のきお


  戻る                tosakinokokai