ハナビラタケ
(ハナビラタケ科) 
 ’02.07.上旬

 名前の通り花びらを寄せ集めたようなボール状のキノコ。
全体の直径が7〜20cm程度。新鮮な個体は透き通るような白さ。

 主に針葉樹の根元や切り株に発生。

コメント
 初夏の頃に時々見かける。状態が良いものは香りも良く、
癖が無く美味しい。また、ある程度熱を加えても歯ごたえが
落ちにくいので色々な料理につかえる。
軽く湯通しして酢物にしても美味しい。
 個人的に非常に好きなキノコなので直径10cmなら、500円で
買う(笑)とメンバーには伝えてある。(のきお

 赤松の根元に発生する。生えていれば目立つのですぐに分かる。
あとは、他のキノコ同様、発生時期を逃さないようにする事だ。(しんじ

  戻る                tosakinokokai