オオムラサキアンズタケ成菌 拡大できます。


   オオムラサキアンズタケ(ラッパタケ科)  ’08.09.下旬

 ヘラ状(漏斗状)の頂部の径2〜8cm、高さ10〜20cmで、
通常数本が株立ちする。林内、地上性。
比較的珍しいキノコと言われている。

コメント
 2008年度の観察会にて参加者の方が発見。初見。
試食させていただいたが、ややクセのある味であるものの
独特の食感が楽しい。
のきお


  戻る              tosakinokokai