拡大できます。 拡大できます。 拡大できます。 

  シイタケ(ヒラタケ科)  ’05.09中旬
 傘の周辺部に白〜淡褐色の綿毛状の鱗片を付ける。表面は
茶褐色〜黒褐色径4〜10cm、時に20cmを越える。
柄は3〜5cm、強じん。
 独特の強い芳香を発する。
 シイ・クヌギ・コナラ等の倒木等に発生。
 日本の代表的な食キノコで、原木栽培・オガクズ栽培品が
販売されている。

コメント 
 実家の方では、シイやクヌギの原木に菌種を固めたものを
打ち込み栽培している。自分達が食べる為に作っている民家が
ほとんどで、梅雨明け後と秋も終わり頃の2回の大量発生が
あり、味噌(もちろん自家製)を付け焼いたり、汁の具材とする。
残ったものは乾燥させ、年中利用される。
 子供の頃は家の手伝いなど、まったくと言っていいほど
しなかったが、ナバ(シイタケ)採りは好きで親に着いて行き、
スギ林の中に並んだ、ほだ木を覗きこんでいた。
雨が多いときなどは傘の径が30cm近くになるものがあり
(けっして冗談ではありません。) びっくりする事もあった。
のきお

   戻る            tosakinokokai