ヌメリスギタケモドキ 成菌 ブナの倒木に発生。


  ヌメリスギタケモドキ2(モエギタケ科)  ’05.10.中旬
  傘は径5〜12cm、黄色、中央部は黄褐色。
柄は8〜10cm。
 ヌメリスギタケと同じく、傘の表面と柄のつばから下に
ほぼ三角形でさび褐色の鱗片を持つ。
 ヌメリスギタケに似るが、柄に粘性はない。
また、よりしっかりしていてボリュームがあり
癖も無く美味しい。

コメント
 ブナの倒木に発生。初見の時は、まだ木は生きていたが現在は枯木になってしまった。
この倒木は9月初旬にウスヒラタケが群生し溶けてなくなってからヌメリスギタケモドキが発生する。
こんなおいしい話があろうか!?あと何年楽しませてくれるやら。笑  のきお 
 
   戻る              tosakinokokai