にごり・お茶
 最近「濁ったお茶」のCMを見かける、以前は1社だけだったが
好評なのか他社でも発売を始めた。
うたい文句は「濁った方が美味い」というものである

 我ふるさとは、県下でも有数の茶所であるとともに○○県に
出荷し、現地の茶として販売されるほど品質の良い物を
生産しています(あ、これはナイショね。)

 で、言わせて戴くと「濁ったお茶」は美味しくありません。
通常飲まれている茶は、軽く蒸して揉み天日で乾燥させるものですが
お湯で湯出ししてこそ美味しいのであって、濁りが出るほど茶の葉が
入っては余分な渋みや灰汁が増えるだけです。
 同じお茶の葉で作ったものなら間違いなく普通のものが美味しいです。

 更に言えば、お茶は相当の量の農薬・消毒薬を使われるケースが
少なくありません。それこそ真っ白になるほど散布されます。
もちろん収穫時期直前まで使われる事は、ないでしょうが・・・
 お茶に其れが許されているのは、湯出しされるものであって
そのものを食するのでは、ないからでしょう。

 濁り茶の生産方法を知っているわけではありませんが、もし
通常生産された茶の葉を砕いて作られているのであれば
かなりヤバイと思います。w
 CMを流している企業の生産性から言えば、同じ量の茶の葉から
より多くの製品を作ることが、可能でしょうし、時間も短縮可能かも知れません。
 なにより、目新しい企画を打ち出すことで、消費者を退き付けようというのは
明白です。気になる方は濁ってないお茶を飲みましょう
 
 私もブレンド系のお茶は時々買って飲みますが、普通のお茶は買いません。
実家の畑に、無農薬・ほったらかし栽培の茶が、あるので家族の飲む分は
全て自家製です。すべて手摘みなので、ある意味高級茶、クモさんが居れば
そっとしておけば害虫も食ってくれます。田舎最高!オカンありがとう。


 ところで、「ヘルシア緑茶」飲んで、さっき喰った唐揚がリセットされたとか
思ってる脂ぎったオッサン、それ妄想ですから!残念!!(古っるぅ〜)
 戻る