地上波デジタル
     のきおの方針
その1:どんなTV買えばいいのか
 完全デジタル化直前まで待つ。普及機で安いものを物色、但しグレードはそこそこのもの。
28型以上のモニター・ZOOM機能つきDVDレコーダー。値段が高ければDA変換アダプターで過ごす。
もしくはデジタル放送観ずに録画ビデオ1000本(VHS/S-VHS、3倍録画6時間)観る。
1日1本観ても3年近く暮らせる。そのうち、安くなるだろう。

その2:パソコンでも見られる
 パソコンでTVなんぞ観ない。パソコンは情報収集と画像整理とHP公開の為に使用する。

しかし、現在の私の計画ではPSE法の施行をにらみ、今まで欲しくても買えなかった
高級オーディオを足元見て買い叩く!
ん?次に買う時にPSE以前の製品は売れない?
はなから、売る気で買ってねー!壊れるまで使うのだ!SONYの場合は壊れても直すのだ!
最新機種が買える値段と修理代金が変わらなくなってきた時が買う時だ。
これを経済用語で「買うていい歩合」と言う。あたりまえといえばあたりまえの話だ。

戻る