おかん
 私の母親は典型的な田舎の人なので料理も田舎料理が多い。
手前味噌ではあるが料理もそれなりに美味しく、掃除もマメにする
昭和の普通の主婦だ。
 そんな母親が私が小学生の頃に新メニューに挑戦した
なんのことはない「サラダ」なんだけど・・・
 なぜ、「サラダ」が今まで食卓に上らなかったかと言うと、実家の食材(主に野菜)は
無農薬で作っていて害虫などが残っているかも知れない事と
当時は祖父さんが「人糞」を肥料にしていたのでギョウチュウがやばかった事。
そして、最大の理由は母親のMyメニューの中にカレー以外の洋食は存在しなかったからだ。
 TVを観てふと「サラダ」を作ってみようと思ったらしく、それは遂に食卓に登場する!
ウスターソース(私がマヨネーズが嫌いだった為)のかけられたそれを観て
私は違和感を憶えた「給食に出てくるサラダとはどこか違うぞ?」「まさか・・・まさかな〜!?」
一口食べた・・・予想は当たった・・・「母ちゃん、これ白菜じゃないか!」


戻る